Windows 10タスクビューは新しいビルドで重要な更新を取得します

windows 10 task view gets significant update newer build

Windows 10のプレビューバージョンでタスクビュー機能を見てきましたが、それは便利な機能ですが、少し制限されていて、エクスペリエンスが適切ではありませんでした。



から公開された新しいビデオ WinBeta マイクロソフトが微調整していることを示しています タスクビュー 新しいユーザーインターフェイスと、仮想デスクトップ間の管理と移動を容易にする新しい機能を備えています。



タスクビューを呼び出すと、画面の右側に新しいデスクトップを作成するためのボタンを備えた洗練されたUIが表示され、作成した新しいデスクトップにはそれぞれ名前(デスクトップ1、デスクトップ2など)が表示されます。

Windows 10のこの新しいビルドでは、以前のようにタスクバーバーに実行中のアプリが表示されないため、各デスクトップは実際には個別のデスクトップとして扱われます。ただし、各デスクトップでアプリの異なるインスタンスを実行できるかどうかは不明です。



更新されたバージョンのタスクビューでは、デスクトップ間でアプリを移動する簡単な方法も追加されています。これで、タスクビューに移動して、 アプリを新しいデスクトップにドラッグアンドドロップする、何か ビルド9926でさらに作業が必要。

この新しい機能の動作は、 設定/システム/マルチタスク と変更 「追加デスクトップ」 オプション。



これは次期バージョンのオペレーティングシステムのメジャーアップデートではありませんが、ユーザーの生産性を高めるためにMicrosoftが変更を加えるのは素晴らしいことです。

ソース WinBeta