Windows 8のCHKDSK:自己回復とシステムの稼働時間の向上

chkdsk windows 8 improved self healing

前回CHKDSKを使用したのを覚えていますか?このユーティリティが原因でPCの起動にどれくらいの時間がかかったか覚えていますか?これが変更されようとしています—慣れていない場合、これはWindowsのユーティリティであり、データの破損(物理ディスクエラー、不良セクター、クラスターエラーなど)のチェックや修復に役立ちます–、 Windows 8のCHKDSKは、より多くの自己回復シナリオをサポートするように改善され、システムのダウンタイムとユーザーの介入を削減しています。



からの新しい投稿 ビルドWindows 8ブログ、マイクロソフトは、このユーティリティが新しいNTFSヘルスモデルと共に、OSの次のリリースでどのように再設計されるかについて詳しく説明しています。



同社は、新しい変更の主な理由の1つは、ハードドライブのストレージ容量が急速に増加しており、その中に保存されているファイルの量が同じ割合で増加しているためだと説明しています。また、最近ではディスクの破損が多少発生することはほとんどありませんが、システムのダウンタイムにそれほど時間がかかることはありません。

下のグラフは、CHKDSKとNTFSヘルスモデルがどのように機能するように構築されているかを示しています 「協調的で迅速、かつ透明性のある腐敗の解決を確実にするため。」



Windows 8 CHKDSK and NTFS health model

間に 「オンライン自己修復」 処理する ウィンドウズ8 多くの新しいオンライン修理シナリオを処理できるため、CHKDSKの必要性の時間を大幅に削減できます。また呼ばれる別のサービス 「スポット検証」 オペレーティングシステムに追加されました。 「ファイルシステムドライバーによってトリガーされ、正常なモデルでファイルシステムを移動する前に、ディスクに実際の破損があることを確認します。この新しいサービスはバックグラウンドで実行され、システムの通常の機能には影響しません。ファイルシステムドライバーが破損を確認するためにトリガーしない限り、何もしません。」 —マイクロソフトは言う

さらに、スキャンで問題を修正する必要がある場合、メンテナンスタスク中に実行できます。たとえば、PCがアイドル状態のときや、他のアプリケーションの実行中にバックグラウンドで実行できます。



マイクロソフトは、以前に記録された破損を修正する必要がある場合、ボリュームをオフラインにできることにも言及しました。このアクションは 「スポットフィックス」、ほんの数秒で済みます。多くの場合、Windows(クライアント)を再起動する必要はありません。クラスター共有ボリュームを備えたWindows Server 8では、ダウンタイムが排除されます。また、新しいモデルを使用すると、CHKDSKは問題の数に対して実行され、古いモデルの一部であったすべてのファイルを無駄にスキャンしないため、修復にかかる時間はわずかです。

最後に、Windows 8の新しいファイルシステムヘルスモデルは4つの状態に分けられます。

  • オンラインで健康的: ユーザーの介入は必要ありません。
  • オンラインスポット検証が必要です: ユーザーのアクションなしで破損が確認される場所。
  • オンラインスキャンが必要です: 破損が確認されました。問題は次のメンテナンスタスクで修復され、ユーザーには通知されますが、アクションは不要です。
  • スポット修正が必要: WindowsクライアントPCが再起動され、以前にログに記録されたものはすべて、起動時にすばやく修正されます。 Windows Server 8を再起動する必要はありません。管理者は、次のメンテナンスタスクで修正をスケジュールするだけです。

詳細については、ビデオをご覧ください。